In Tutto il Mondo -India-
地球のどこかで ~インド編~
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blogランキング参加中です。↓↓↓
クリックで投票が入り、ランキングサイトへ移動します。
インド旅日記 デリー再び
2007年 10月 13日 (土) 06:33 | 編集
贅沢な時間をウーダイプールで過ごした私達は再びデリーへ。
今回は自力で友人宅へ向かうことになっていて、友人に指示されたとおり「プリペイド」タクシーを使った。
遠ければ遠い程、タクシー運転手の収入はあがる訳だから、なるべく遠くの客をのせたがる人もいて、近いと無視され、車をビュ~っと走らせることがある。(経験あり…)
友人宅玄関につくと、私達のこの日のスケジュールを把握していたN氏のおちゃめ運転手さんがすでに玄関先で待機していた。

この日、実は夜7時から始まるインド伝統舞踊のショーをデリーのとある歴史遺産で見ることになっていた。
友人宅についたのは午後6時。渋滞がひどくて大きな街のデリーを突き抜けるにはかなりギリギリの時間だった。

途中、迷ったりもしたが、運転手さんは根気づよく私達を会場まで送り届けてくれて、しかも1時間の公演中待っていてくれた。

さて、このインド伝統舞踊のショーだがこれはインド観光局や教育庁(のような)が協賛して開催される大きなイベント。
The Ananya Dance Festivalでは、インド舞踊のワークショップやショーが1週間に渡って開かれるのだが、この会場がまたすごい。ムガール帝国の宮殿をバックにしているから一層雰囲気が出る。

8.jpg


私が行った日の舞踏はアメリカを中心として活動している舞踏家と舞踏作家のショー。
ラーマヤーナをもとに創りだされた伝統舞踊に近代的リズムが時折まじり、かなり迫力のある美しいショーだった。

今回のインドの旅では絶対インド舞踊を見たかった。
何の気なしにN氏のお母様の前で「インド伝統芸能が観たいんです」と言ったのだが、すぐに「あら、ちょうど招待状が来てたわ。私は行けないから、あなた達行って来なさい…」と手配してくれたのである。
頼りになる現地の友人とその家族だ。
お陰で初めてインド舞踊をみたM氏も感激して楽しんでくれた(私よりも舞台の近くに陣取っていた…)。

7.jpg


9.jpg

インド舞踊を観た後は再び友人夫婦と合流し、激辛南インド料理を食べに行った。
あぁ、辛かった。

blogランキング参加中です。↓↓↓
クリックで投票が入り、ランキングサイトへ移動します。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 地球のどこかで ~インド編~ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。